« 国立新美術館へ | トップページ | 都庁舎展望室 »

2017年7月 4日 (火)

首都、東京

東京旅は疲れましたshock
主人は、東京はもうええわsign01と言ってました。

歩いた距離はスマホの表示によると、11958歩と16311歩、計28000歩余りですshoe
日曜日は美術館内をあちこち見て、後にホテルへ。
昨日月曜日、行ったのは、東京都庁舎展望室と銀座SIX の二ヶ所だけで、この歩数ですsign03

ほんまに東京都内を地下鉄で移動するには、まず体力、いわば脚力ですね。
次に気力。乗り換えるぞsign01と思う気力。
お次は知力?地下鉄路線を理解する頭、もしくは何度でも誰かに尋ねる事が可能な柔らかい舌と頭。
これがないと利用出来ない、と思うのですcoldsweats02
例えば昨日行った銀座の三越の地下から、東京駅まで一駅の丸ノ内線を利用するのに歩いた距離は、大阪ではほぼ一駅分あるのでは?と思う長さでしたsweat01
それに加えて、方向間違いで余分に歩いたりannoy
他でもしかり。地下鉄駅は、上に下に、どんどん下に三重、四重に張り巡らされて、エスカレーターがある場合とない場合とがあるのです。
若くないとあの都内では生きていけない。
人々はどんどん行き交い、速さやスマートさを求めて急いでいる街、東京、やね。

枚方に降り立った時に、ああ〜ここに住んでいてよかった〜noteこのくらいの人出にどこかまだのんびりしたムード。都会過ぎず田舎過ぎず、これくらいがいいなあと、感じました。
もっとも、わが町、自分が住む町は故郷ですもんねhappy01

こんな風な東京旅でしたが、以上の事を差し引いて考えると、やはり首都の街でしたshine

ホテルライフをちょっとご紹介しますと、
皇居にも近い赤坂見附にあるホテルニューオオタニnoteに1泊しましたshine
え?高級やろ?と思ったのですが、最近テレビでよく見かけるトリバゴのサイト検索で、二人で22000円note税込に朝食と2000円クーポン付きnote

さすがに超一流の雰囲気です。
フロントのお姉さんの上手な弁舌で、プラス5000円でアップグレードのお部屋となりましたがsweat01


本館入口正面には、草月の竹のオブジェ、七夕飾りがどんと展示。

宿泊フロアもイメージを合わせたおしゃれなカーペットが敷かれてました。
あらゆる箇所が洗練され、さりげなく飾られていて、広い館内は何処となく 和 テイスト を取り入れてました。
これは多数宿泊している外国人をかなり意識して、ここは日本です、をアピールしてますよねえ。

翌朝の朝食は日本庭園が見えるレストランで頂きました。



このようなthis is Japan ! の広いお庭が、都内一等地にあるんですねえ。
日本の玄関口のホテルで、和モダンと日本庭園でおもてなし、というコンセプトですねlovely

それにしてもホテルの夕食はかなりお高いsign03
ホテルに限らず、東京での飲食は大阪の1.5割増しsign03かなsign02

体力、気力、知力に加えて、財力も必要やわ、東京で暮らすにはsweat01

« 国立新美術館へ | トップページ | 都庁舎展望室 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

いいなー私も行きたいです。が・・・・・私には財力が有りません。知力もでした。

ご謙遜をlovely
体力と気力があればなんとかなるでしょう shine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1956666/71045219

この記事へのトラックバック一覧です: 首都、東京:

« 国立新美術館へ | トップページ | 都庁舎展望室 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ